227大学 446問題 503記事が 2016年度大学入試に出題!

Dr.林修が大学受験の悩みに応える!

問題文を読むのにどうしても時間がかかってしまいます。
読む力の基礎ができることでスピードが上がる!
小論文問題で自分の考えがなかなかまとまらなくて、困っています。
小論文で使える知識や構成力が身につく!
内容や用語がわからなくて、時事問題が苦手なんです。
いまの世の中のことが書いてあるため新聞を読むだけで時事問題の内容・用語がわかる!

私たちはこうやって合格しました!

梅田 大樹さん

現代文も小論文も、もうこわくない!

立教大学 法学部

梅田 大樹さん

高校の先生に、受験するなら朝日を読んだほうがいいって言われてしぶしぶ始めたんです。でも、読んでよかった!と今は思います。
そんな僕の新聞活用法は…
①お気に入りのコラムを見つけて、短い文章を読む。これならすぐできます。 ②次は天声人語や社説を読む。入試に出るかも、と思いながら読みました。 ③記事に対する自分の意見や考えを、400字など決められた文字数にまとめる。 ここまでやればかなり力がつきます。現代文の読解も小論文も、もうこわくないはずです!頑張って!

田中 夢実さん

1日20分の「天声人語書き写し」で文章力アップ!

法政大学 キャリアデザイン学部

田中 夢実さん

作文や小論文の準備をしようと思っても、何から書けばいいかわからない。うまく文章がまとまらない…。そんな時、先輩から薦められたのが「天声人語の書き写し」でした。
続けていくうちに文章の組み立て方や読み手を引き込むコツがつかめ、自分でも文章力アップが実感できました。
小論文重視のAO入試で無事希望の大学に合格できたのは「天声人語」のおかげです。みなさんもぜひトライしてみてください。1日20分ほどでできますよ!

227大学 446問題 503記事が採用!

朝日新聞からの出題数 圧倒的No.1

朝日新聞の2016年度入試出題実績 》※朝日新聞社調べ(2016年5月31日現在)

詳しく見る
出題科目別比率
出題科目別比率 円グラフ
意外と小論文試験以外でも出題されている!
掲載紙面別比率
掲載紙面別比率 円グラフ
特によく出る紙面の「天声人語」!書き写して勉強すると効果的!
掲載月別記事数
掲載月別記事数 グラフ
問題づくりは夏〜秋にかけて!?5〜9月掲載の記事からよく出る傾向が!

全国紙の2016年度入試出題実績 》※大学通信調べ
新聞とウェブサイトからの出題を集計
(2016年5月31日現在)

出題大学数
出題大学数 円グラフ
新聞を利用して出題した大学のうち、40%以上が朝日新聞から出題し、他紙を圧倒!
出題問題数
出題問題数 円グラフ
出題数も朝日新聞が圧倒的No.1
出題記事数
出題記事数 円グラフ
記事数も朝日新聞が42%でNo.1

スペシャルインタビュー

実際に朝日新聞を活用して、
受験勉強に活かす方法どういった視点で読むとよいかなど、
坪田信貴先生にインタビューしました。

坪田信貴先生 (「ビリギャル」著者)

朝日新聞活用法:音読、書き写し、色分けで受験力を高めよう

坪田信貴先生 (「ビリギャル」著者

生徒の偏差値を短期間で急激に上げることで定評がある

 塾生には、朝日新聞を読むことを勧めています。大学入試出題実績のデータを見ても、圧倒的に朝日新聞が使われているからです。「天声人語」は、作文の指導に最適な良文です。「天声人語」もスクラップし、書き写します。文章に慣れていない塾生には、全文は長いので、段落ごとに区切って書き写させるようにしています。次に何も見ずに、もう一度同じ箇所を書きます。原文と自分の書いた文章を見比べると、句読点の位置が違うことなどに気付き、文章の書き方の勉強になります。
「天声人語」を使った小論文対策として、自分が良いと感じる、自分が良くないと感じる箇所で、色を分けて塗ります。この作業は、自分の意見形成の準備になります。作業をした日付も記事の隣に書き、スマホやノートに保存することで、後で、記事を読んだ当時の自分の感情を振り返ることができます。振り返ることで、文章力の成長を客観的に見ることができるので、塾生にとっては、成長の証しになります。

今の生徒には動画が親しみやすいので、坪田塾では、時事問題対策としてテレビのニュースを見るように言っています。自分が興味を持ち話ができそうなテーマを選んできてもらい「昨日見たニュースでは、どのようなことを言っていた?」など塾生と会話をしながら、新聞を実際に開いて同じテーマの記事を探します。実際の入試では、動画ではなく活字で出題されるので、必ず活字の新聞で時事に触れるように教えています。

家庭で新聞を活用する場合は、読み方を教えて、家族で記事について話をする時間を作ると良いと思います。読み方から丁寧に教え、記事を噛み砕くようにフォローしないと理解することが難しいからです。家庭での新聞活用は、学力向上のためにお勧めです。

小論文対策や文章の書き方の勉強に役立つ。天声人語 書き写しノート

朝日新聞の1面コラム「天声人語」を書き写して学ぶ専用ノートです。書き写すだけで、
知っている言葉が増えて文章の構成力やリズムが身につきます。

使い方
ノートを見開いた2ページにわたって、実際の「天声人語」と同じ字数・行数の原稿用紙が印刷されています。右ページ上に「天声人語」を貼り、その下の原稿用紙に、段落分けの記号である「▼」も含め、一文字一文字書き写しましょう。天声人語は毎回603文字。最後の1マスでぴったり終わります。1冊で1カ月分を書き写せます。

A4サイズ 1冊200円+税

天声人語書き写しノート
書き写しノート 使用例
書き写しノート中面

受験に効く!朝日新聞!

新規購読プレゼントキャンペーン実施中!

いま新規購読をはじめると、受験に効く天声人語書き写しノートなどをプレゼント !

6ヶ月以上の新規購読お申し込みで 天声人語書き写しノート6冊 または オリジナルカタログギフト プレゼント!

※デザイン等は写真と異なる場合があります。※アエラ姉妹誌は発送時の最新号をお届けします。

3ヶ月以上の新規購読お申し込みで 天声人語書き写しノート3冊 または ご希望の雑誌(最新号)を1冊 プレゼント!