家庭学習

新聞に掲載された作品

「みんなでつくろう しつもん!ドラえもん」に応募された作品のから、朝日新聞に掲載されたものを発表します。 (紙面に掲載された日付順)

<どくしゃ編2>  2011年5月16日~ 29日に掲載

  • 2011/5/29  京都・岡屋小 小野祐誠さん

    パイナップルを食べ過ぎると、口の中が痛くなることがあるよ。原因はどんな物質かな?
    こたえ:酵素 ブロメラインと呼ばれる、たんぱく質を分解する酵素が含まれている。この酵素が口の中を刺激して、ピリピリするんだよ。
  • 2011/5/28  静岡・安東小 黒石直愛さん

    「ドレミファソラシド」はイタリア語からきているよ。日本語では何といっていたのかな。
    こたえ: ハニホヘトイロハ むかしはこんな言い方をしていた。英語は「CDEFGABC」といい、この「ABC」を「いろは」に置きかえたんだ。
  • 2011/5/27 東京・向原小 高橋翼斗さん

    雪と氷でおおわれた南極大陸。この大陸はどこの国のものかな?
    こたえ: どの国のものでもない 20世紀にいろんな国が自分の領土だといいだして、1959年の南極条約で、どの国のものでもないときめたんだよ。
  • 2011/5/26 福岡・江川小 山田宏汰さん

    小川にすむ小さくてかわいいメダカ。なぜ、こんな名前で呼ばれているのかな。
    こたえ: 目が高い位置にあるから 漢字では「目高」。地方ごとに5千ほどの呼び名があったけど、関東の一部での名が童謡「めだかの学校」で広まったようだよ。
  • 2011/5/25東京・旭町小 西巻花さん

    新聞のインキには、ある植物の油がたくさん入っているんだ。それは何かな。
    こたえ: 大豆 昔は石油系のインキが中心だったけど、資源や環境のことを考え、量が豊富でリサイクルしやすい大豆油に代えたんだ。
  • 2011/5/24 千葉・昭和学院小 宇居亜理さん

    近ごろは総理大臣がよくかわるけど、今までで一番長く総理大臣をつづけたのはだれかな。
    こたえ: 佐藤栄作 1964年11月から7年8カ月、2798日務めた。連続でなければ桂太郎の2886日。3度も総理大臣になったんだ。
  • 2011/5/23  神奈川・西生田小 田辺美穂さん

    みんなが使う「お父さん」という言葉は、いつから広く使われるようになったのかな?
    こたえ: 明治時代の終わりごろ 1903明治36年に国が作った教科書で「お母さん」とともに使われ広まった。「おととさま」から変化したようだよ。
  • 2011/5/22 千葉・昭和学院小 大谷万由子さん

    人間の体の中の血管すべてを1本につなぐと地球何周分になるだろうか。
    こたえ: 2周半ほど 大人の血管すべてをつなぐと10万キロぐらいになるよ。地球1周の約4万キロより長いね。ごく細かい血管が全身にあるんだ。
  • 2011/5/21 滋賀・若葉小 堀口拓也さん

    野球では試合前に始球式をすることがあるよね。日本で最初に投げたのはだれかな?
    こたえ: 大隈重信 1908年、アメリカの選抜チームと早大の試合。ボールは一塁側にはずれたけど、打者はわざと空振りしたらしいよ。
  • 2011/5/20 福岡・足原小 高巣大樹さん

    海の上を渡っていく「海の国道」とよばれる道が全国に24あるよ。一番長いのは国道何号?
    こたえ: 58号 鹿児島と沖縄をむすび、長さは約860キロ。うち600キロほどが海の上だ。フェリーなどがあれば道路とみなされるんだ。
  • 2011/5/19 大阪・加納小 崎菜々美さん

    「手紙」は中国語ではなんのことだろう。日本の年賀状なんかとはちがうようだよ。
    こたえ: トイレットペーパー 手紙の発音はショウチー。手で使う紙という意味だよ。郵便屋さんが届けてくれるのは「信」。シンと発音するよ。
  • 2011/5/18 東京・巣鴨小 鈴木怜穏さん

    お母さんのおなかの中にいるとき、赤ちゃんはどこから酸素をもらっているのかな。
    こたえ: おへそ おなかの赤ちゃんは水で包まれていて、へその緒という管でお母さんから酸素をもらうよ。肺で息をするのは生まれてからだよ。
  • 2011/5/17 兵庫・本山第一小 菅野あいさん

    水道の蛇口の中を見たことある? よく見ると、ギザギザになっている。どうしてだろう。
    こたえ: まっすぐに水を流すため 水道のパイプは曲がっていて、そのままだと蛇口から水が飛び散る。それを防ぐため、整流板というギザギザをつけた。
  • 2011/5/16 京都・東角小 吉田拓さん

    「真っ赤なうそ」というよね。どうして青や白じゃなくて「赤」なのかな?
    こたえ: 「明らかな」という意味があるから 赤は「明るい」と同じ仲間のことばで、そこから物事がはっきりしている意味も生まれた。「黒」は「暗い」ともとは同じだよ。

<どくしゃ編>  2011年2月15日~27日に掲載

  • 2011/2/27 兵庫・別府西小 長岡昌希さん

    クモはねばねばした巣で、えさになる虫をつかまえるね。なぜ自分はくっつかないのだろう。
    こたえ: ねばらない縦糸を進むから クモはいろんな糸を使い分けているよ。横糸にねばねばする小さな玉がついている。真ん中から伸びる縦糸にはないんだ。
  • 2011/2/26 東京・林町小 加藤慶介さん

    158節まである長い詩を国歌の歌詞にしている国があるんだって。どこかな。
    こたえ: ギリシャとキプロス共和国 19世紀の詩「自由の賛歌」がもとになっているよ。でもギリシャでは国歌は最初の24節だけで、歌われるのは2節までだって。
  • 2011/2/25 三重・大池中 江崎唯さん

    タマネギを切ると、目が痛くなり涙が出るね。切る前にタマネギをどうすれば、涙が出ないかな。
    こたえ: 冷やす タマネギを切ると、辛みの成分と酵素が混じって刺激のある物質が空気中に出るよ。冷やして酵素の働きを抑えればいいんだ。
  • 2011/2/24 大阪・山直北小 矢倉大聖さん

    昨年の夏は暑かったね。世界でこれまでに測られた気温で、一番暑かったのは何度かな。
    こたえ: 57・8度 世界気象機関の記録では、リビアで1922年9月13日に観測されたよ。イラクで58・8度が観測されたという説もあるよ。
  • 2011/2/23 鳥取・鳥取大付属中 小林麗奈さん

    「サーモンピンク」といわれるように、サケの身はピンク色だね。なぜピンクなのかな。
    こたえ: エサの色のため  サケが食べるオキアミなどの赤い色素が身にたまってピンクになるんだ。サケの特徴だけど、仕組みはわかっていないんだ。
  • 2011/2/22 大阪・中央小 臼田亜美さん

    高校野球の聖地、甲子園で土を初めて持ち帰ったとされ、のちにプロ野球の巨人で活躍した人は?
    こたえ: 川上哲治 1937年夏に熊本工のエースとして決勝で敗れ、持ち帰ったんだ。選手時代は「打撃の神様」と呼ばれ、監督でも9連覇したよ。
  • 2011/2/21 東京・潤徳小 中野俊輔さん

    日本の太平洋側を流れる千島海流には別の名前があるんだよ。なんて呼ばれているのかな。
    こたえ:親潮 千島海流は、魚のエサになるプランクトンが多く繁殖しているんだ。「魚類を育てる親」になる潮という意味があるんだよ。
  • 2011/2/20 埼玉・東越谷小 島津麻唯さん

    食べ物の保存に役立つ缶詰。そのアイデアはフランスで生まれたけど、どれくらい前のことかな。
    こたえ: 200年ほど前 料理人アペールが考えた瓶詰の方法が缶詰に発展した。アペールは軍隊の保存食を探していたナポレオンから賞金をもらったんだ。
  • 2011/2/19 兵庫・別府西小 八田拓巳さん

    電気を起こす魚の「デンキウナギ」は、強いときで、どれくらいの電気を起こすのかな。
    こたえ: 800ボルト以上 デンキウナギはアマゾン川などにすむ。大きなものは2メートルを超し、電気はエサをとったり身を守ったりするのに使うそうだよ。
  • 2011/2/18 広島・府中東小 斉藤花歩さん

    大仏さまの頭はくりくりしているね。あれはいったい何だろう。
                
    こたえ: 螺髪(らはつ)という髪形 「螺」は巻き貝の意味で、螺髪とは巻き毛のこと。日本では修行を終えた「如来」という仏さまの像は螺髪になっていることが多いよ。
  • 2011/2/17京都・御蔵山小 石川朋弥さん

    昨年のノーベル賞には、日本人が2人選ばれたね。女性ではだれが最初に受賞したのかな。
    こたえ: マリー・キュリー 放射性元素の研究で1903年に夫のピエールと物理学賞、8年後には化学賞を受けた。受賞2回は史上初。ポーランド出身だよ。
  • 2011/2/16 山梨・駿台甲府中 河西皓海さん

    日本列島の九州とよばれている島には七つの県しかないのに、どうして「九州」というのかな?
    こたえ: むかしは九つの国だったから 8世紀前半までに筑前、筑後、肥前、肥後、豊前、豊後、日向、大隅、薩摩の9国が置かれた。州には「くに」の意味もあるよ。
  • 2011/2/15 奈良・白橿北小 河原歩さん

    山の中で冬眠中のクマって、おしっこをしたくなったら、どうしているのかな。
    こたえ:おしっこはしない ヒグマやツキノワグマは冬眠中、おしっこをしなくても病気にならない。尿を外に出さず、体に取り込んで使う仕組みがあるよ。

「しつもん!ドラえもん」連載中の朝日新聞 ご購読のお申し込み

1週間(7日)分の朝日新聞を無料でお届け お申し込みはこちら

PAGE TOP