ここから本文です

朝日新聞をもっと楽しめる
カレンダー/スクラップブック

花おりおり×折々のことば日めくりカレンダー

朝刊1面で連載中の「折々のことば」から31編をデザインした日めくりカレンダーを販売中です。かつて1面で連載した「花おりおり」から12編を選んで月も表示。一年中、ことばと花のさまざまなハーモニーを楽しめます。
1280円(税込み)

月は「花おりおり」から
1月「ウメ 鴬宿」、2月「ジュリアン」、10月「バラ 聖火」など12編を収録。
日は「折々のことば」から
「アホになれんやつがほんまのアホや」「涯(はて)涯(はて)は 涯ない」「口下手な行員のほうが成績がいいんです」」など31編を収録。
幅180ミリ×高さ155ミリ×奥行き80ミリ
花おりおり:2001年5月1日から06年3月31日まで、1564回にわたって朝日新聞1面で連載されました。花の写真とコラムからなり、コラムは農学博士の湯浅浩史さんが執筆しました。日めくりカレンダーの花は湯浅さんのセレクトを中心に選びました。

20万冊突破!
折々のことば日めくり手帖

「折々のことば」を毎日切り抜いて貼れる、手のひらサイズのスクラップブック。1ページに1日分、1カ月で1冊が完成します。表紙は緑・水色・黄・白の4色。感想や調べたことを書く欄もあります。まとめて読んだり、手紙を書くときの参考にしたり。「折々のことば」をもっと楽しめます。
各100円(税込み)

吾輩は猫であるノート

朝日新聞で4月から連載の「吾輩は猫である」を切り抜いて貼ることができるスクラップブック。A4判縦型で表紙を含め132ページ。表紙は紫・黄の2色。2冊で連載をすべて貼れます。ノートとしても使えます。
各150円(税込み)

天声人語書き写しノート

新聞と同じ字数、同じ行数のマス目に天声人語を書き写して文章力を養えます。「通常版」と「学習用」(いずれも税別200円)、「脳トレ版」(同300円)は1カ月分、横書きもある「美文字版」(同350円)は17回分書き写せます。専用保存ボックス(税込み900円)もあります。