pixta_11110221_M.jpg

皆さんは何か部活に入っていますか?または、入っていましたか? 仲間と一緒に練習したり、大会で涙を流したり、励ましあったりと、学生生活を振り返って最も思い出に残るのは部活ではないでしょうか。運動部と言えば野球、サッカー、バスケットボール。文化部では吹奏楽や軽音楽部がメジャーですよね。しかし、「えっ!?こんな部活があるの?」というユニークなものが日本の高校にはたくさんあります。

今回は、思わず「入りたい!」「こんな部活がある学校に通ってみたい!」と感じる珍しい部活30選をカテゴリ毎に紹介します。

 機械いじりは男のロマン!「機械と技術系」部活

shutterstock_106131134.jpg

1. 熱気球部

全国でも北海道の上士幌高等学校と、佐賀県の北陵高校の2校にしか存在しないと言われている部活。北陵高校ではバルーン部と呼ばれています。気球を操る技術はもちろん、風の読み方や大会に際してのチームワークなども学んでいて、お遊びではない本格的な部活です。

2. 自動車部

ほんの一部の高校にしかない希少な部活で、実際に学校の敷地内で車を運転します。主な活動は、教習所のように安全運転を学んだり、フィギュアという運転の正確さとタイムを競う競技を行ったりします。

3. 無線工作部

部員で、屋根の上にあるアンテナをメンテナンスしたり、電気自動車を製作したりしています。また、イベントに合わせたイルミネーションを作ることもあります。電気自動車の製作に至っては、高度な技術を肌で感じることができますよ。

 文化系の定番!男女問わず大人気の「歌と音楽系」部活

shutterstock_125273042.jpg

4. フラダンス部

高校生の部活動としては珍しいフラダンス。「フラダンス甲子園」という全国大会や、フェスティバル
出場を目指し日々練習に励んでいます。

5. 郷土芸能部

日々の活動では、その土地に伝わる神楽、踊り、民謡、和太鼓などを練習し、全国大会を目指しています。大会では、郷土色豊かな衣装や、りりしいはっぴ姿で会場が盛り上がるそうですよ。

6. 鹿踊部

岩手県花巻農業高等学校にある鹿踊部。「ししおどり」と読み、岩手県や宮城県、愛媛県などで受け継がれている伝統舞踊です。鹿を模した面を被り、面妖な衣装をまとって激しく踊る姿は圧巻です。

7. 長唄三味線部

三味線音楽のジャンル「長唄」。三味線を聞いたことも弾いたこともないような人でも、顧問の指導を受け、練習を重ねることで、様々な曲が弾けるようになります。古典曲だけでなく、洋楽などにも挑戦する学校があるそう。

8. 南米音楽部

こちらもなかなか聞きなれない部活です。ボンゴやギロなど中南米独特の楽器を使い、「コンドルは飛んでいく」を始めとしたラテンアメリカ諸国の民族音楽や、それをベースとしたポピュラーな音楽を奏でます。

人と違うことがしたいなら迷わずここ!「マニア系」部活

pixta_13262902_M.jpg

9. 雑草研究部

略称、"雑研"とも呼ばれるこちらの部活。学校内や近くの神社に生えている雑草を採取してきて研究しています。雑草を調べることで、そこに生息する生物の種類まで推測できるらしいです。ただ、雑草は季節によって形が変形するものもあり、種類を特定するにはかなりの根気がいるようです。

10. 折り紙部

創作折り紙を研究している部活動です。全国にいくつかありますが、愛知県の刈谷東高校の折り紙部が有名。折り紙で高さ2メートルにおよぶ五重塔のモデルを作ってしまう職人技に驚きです。なんと制作にかかった期間は約1年で、使った折り紙は2万枚にも及ぶんだとか。

11. 香道部

「香木」と呼ばれる天然の木を燃やし、その香りを楽しむ部活です。部員たちはいわば香りのソムリエ。経験を積めば、さまざまな香りを嗅ぎ分けられるようになります。日本古来より伝わる香道の文化と、礼儀作法を学んでみませんか。

自分の好きなことを部活で!「趣味系」部活

pixta_20216030_M.jpg

12. ジャグリング部

ジャグリングとは、ボールやクラブを使ったいわゆる大道芸のことです。文化祭での発表だけでなく、老人ホーム、児童館、地区の祭りなどにも参加し、地域交流で活躍する部活です。

13. 歩行部

その名の通り「歩く」を意識した部活です。だからと言って、競歩のように早く歩くことを目的としたものではありません。主な活動は、夏休みや冬休みなどの長期休暇を利用し、旅行に行った先々でお寺や神社を巡り、たくさんの道を歩くことを目的としています。

14. ファッション部

女子高生に人気がありそうな部活。その名も「ファッション部」です。衣装のデザインや制作をし、ファッションショーまで開催する本格ぶりです。もちろんファッションショーの企画、音楽、映像、モデリング、ヘアメイクなど全てを部員が運営します。

15. 旅行部

高校では珍しい「旅行」をテーマにした部活です。自分たちで訪れる場所を決め、そこまでの交通手段を調べたり、宿泊の手配をしたりします。そして、実際に夏休みなどを利用して、目的地を観光し、地方料理を食べる活動をしています。

16. 釣り部

平日は、主に釣り方や魚の勉強会を行っています。夏休みなどの長期休暇では、泊りがけで合宿
をし、本格手な釣りを楽しんでいます。

17. 建築研究部

木工作品や模型の製作を主に活動しており、作った木工作品を文化祭などで販売しています。また、自分の力試しとして、建築大工技能士3級にも挑戦する人もいるそう。

高校生でも地域に貢献!「社会系」部活

pixta_21445419_M.jpg

18. 魚部

さかなぶではなく「ぎょぶ」と呼びます。福岡県立北九州高校にあり、魚に限らず水辺の生物を調査している部活です。彼らの研究は地域の道路建設のデータにも使われるほど優秀で、その他にも水辺の楽しさを伝えるイベントを開催しています。

19. 水族館部

愛媛県の長浜高校にある水族館部。町の水族館が閉鎖してしまい、復活させたいという人の願いによって街全体を水族館として復活させるプロジェクトが始まりました。その核となったのが長浜高校内にできた水族館です。その水族館を管理しているのが水族館部であり、また魚の研究もしていて、なんと科学五輪で4位に入賞しています。

20. 点字部

コツコツと地道に点字を練習する部活です。簡単な文章を点字で書けるようにしたり、カレンダーを点字で作ったり、絵本を点字で訳したりしています。その他にも、ボランティア活動や、文化祭では点字作品の展示をおこなっています。

21. 赤十字部

青年赤十字に所属するボランティアの部活です。毎年、春と秋に街中であしなが学生募金やみどりの募金活動をしたり、高校周辺の清掃、児童館や図書館などで子ども向けに読み聞かせをしたりしています。

青春時代=汗と涙だ!定番の「スポーツ系」部活

shutterstock_351903914.jpg

22. フェンシング部

競技の歴史がとても古く、第1回近代オリンピック競技に採用されたフェンシング。難しい競技と思われがちですが、初心者でも気軽に始められるそう。興味のある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

23. スピードボール部

初めて聞く人もいるかもしれないこの競技。簡単に言うと、ポールに結びつけられたボールをラケットで打つ競技です。競技のルールが分かりやすいので、老若男女楽しめる魅惑のスポーツ!ぜひ、あなたもチャレンジしてみませんか。

24. ボウリング部

初心者からでも始めやすく、楽しみながらできるこちらの部活。楽しい中にも、1つでもスコアを伸ばすための工夫や努力を心掛けて練習しています。

社会人顔負けのスキルを習得!「ビジネス系」部活

pixta_7294982_M.jpg

25. うどん部

香川県にあるのかと思いきや、なんと山梨県のひばりが丘高等学校にあるうどん部。郷土料理である「吉田のうどん」を盛り上げるために設立された部活で、うどん屋さんの取材やフリーペーパー制作、さらには商品開発まで行うなど、高校の部活にとどまらない活動をしています。

26. ベンチャーズ部

岐阜県岐阜商業高校にしかないこちらの部活。ベンチャーマートという、岐阜商業高校のベンチャーズ部が運営するお店を通して、マーケティング、商品企画などを実践的に体験し企業経営を学ぶことを目標としています。

27. 簿記部

日商簿記検定試験や、税理士試験科目をはじめとする高度な資格取得を目指して日々、勉強に取り組んでいます。ここで学んだことが、卒業後も社会人として役立ちそうな部活ですね。

28. 速記部

本格的な速記法を習得し、文章に対する正しい判断力を身につける勉強をしています。また、日本速記協会速記実務検定1級合格を目指す学校もあるそう。

【番外編】これはアツい!編集部がオススメせざるを得ない部活

pixta_12102789_M.jpg

29. 小倉百人一首かるた部

日本の誇るべき文化遺産として100年余の歴史を有し、"知の格闘技"とも言われる「小倉百人一首」。競技かるたの向上と普及に向け、日々努力している部活です。かるた競技を通して集中力、記憶力、粘り強さが養われ、日々の学習にも効果を上げているとか。

30. カヅラカタ歌劇団

部活という名称は付いていませんが、愛知県にある東海高校という男子校にある歌劇団です。カヅラカタを反対から読むとタカラヅカ、つまり宝塚歌劇団のオマージュです。しかし、男子だけで構成されるミュージカルのクオリティは非常に高く、年々話題になってきています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。中学よりもたくさんの種類があり、面白そうなものから本格的な部活までたくさんありますね。自分の進みたい道の為に頑張るのもいいですし、10代だからこそやりたいことに熱中するのもいいのではないでしょうか。興味のある部活に入り、仲間と一緒に充実した学生生活を送ってくださいね。

(編集: 鎌田 淳生)

photo by

この記事が気に入ったら

思春期はマグロ食っとけ!

RECOMMEND