keio_main.jpg

こんにちは! 慶應義塾大学に在学中の磯貝です。みなさんは「慶應義塾大学」と聞いてどんな印象を持ちますか?

慶應義塾大学とは「福沢諭吉の実学の精神を受け継ぎ、実践する学塾」であり、在学生は自分たちのことを「塾生」と呼びます。......そんな真面目な印象よりも、「慶應ボーイ」や「慶應ガール」と聞けばおしゃれで、お金持ちな印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

今回は華やかに見える塾生の実態を探るべく、「慶應×お金」をテーマに調査しました!

確かにいる「THE・慶應生」

pixta_20090432_S.jpg

慶應生にお金持ちが多いというのは間違いありません。特に「THE・慶應生」のイメージに当てはまるのは、主に慶應義塾幼稚舎から進学している「内部生」です。彼らは代々政治家のお家柄や社長、有名人のご子息など正真正銘のお金持ち。クレジットカードの最上位のステータスを示すブラックカードを持っている人もいるようです。普段の会話の中で、豪華なマンションを指差したと思ったら「これ、うちのマンション」なんてことも......。

もちろん、大学から慶應に入学した「外部生」にもお金持ちは多くいます。彼らの多くは有名私立学校を卒業して慶應義塾大学に入学しています。そのため、内部生さながらのお金持ちや裕福なお家柄の人がいることも多いんです。

OBOGしか入れないサロンがキャンパス内に!キャンパスにまつわるお金の話

pixta_23111191_S.jpg

慶應義塾大学といえば学生のお金事情が注目されがちですが、キャンパス内でのお金事情はどうなっているのでしょうか。

キャンパス内にはOBOG専用のサロンが2つあります。愛校心が強くて有名な慶應ならではの場所と言えます。このサロンには残念ながら、在学生は入れません。サービス内容やお値段は高級レストランさながらだとか......。実は在学生よりもOBOGこそお金持ちなのかもしれません。

次に慶應生の食堂事情をお届けします。

三田キャンパスには雰囲気や価格設定の違う食堂が3つあります。1つめは「山食」。正式名称である「山上の食堂」を略してこう呼びます。美味しくて安いカレーが有名です。

2つめは「生協食堂」。学生にやさしいお値段の一般的な食堂です。そして、最後に紹介するのは「ザ・カフェテリア」という、学食よりもカフェに近い場所です。こちらはおしゃれで少しお高いのが特徴。

慶應生はこの3つの食堂を自由に利用することができます。

keioyamasyoku (1).jpg

▲「山食」の様子

芸能人が多数出演!「三田祭」にはお金がかかってる!?

pixta_2376314_S.jpg

慶應義塾大学の学園祭「三田祭」。他の大学と比べてその規模は大きく、たくさんの人が毎年訪れます。見どころは「たくさんの芸能人がゲストとして登場」すること!

昨年は、前夜祭にコブクロ、企画ではダイアモンド☆ユカイさん、筧美和子さん、神田うのさんなどなど有名芸能人がずらり。こんなにも多くの芸能人を呼んでいて、お金はかかっていないのでしょうか。

確かに、他大学の学園祭に比べて動くお金の額は大きいようです。しかし、芸能人の方々に関しては、お金はほとんどお支払いしていないとのこと。学生と触れ合いたいなどの思いを持ってくださる芸能人の方と実行委員の思いがマッチした際に出演いただけるというのが現実のようです。

ちなみに、学園祭といえば「出会い」ですよね。三田祭も例に漏れず、普段知り合わない他大学の学生との出会いの場でもあります。他の大学の女子大生もたくさん押し寄せてくるとか......。

しかし、女子大生の皆さんご注意を! 中には慶應ボーイではない、ノーブランドボーイたちが紛れていることも......! たとえば、模擬店やステージの宣伝をせずナンパをしている男子は慶應生ではない可能性があるかもしれませんよ。

とはいえ、たくさんの模擬店や芸能人が出演するステージ、研究会のブースなど慶應生の雰囲気を感じることができるような楽しい学園祭になっています!

意外と堅実!「お金がない」はよく聞くフレーズ!?

pixta_24332174_S.jpg

キラキラして見える慶應生ですが、他大学の学生と同様に、真面目に勉学に励み、バイトやサークルを両立している人が大半です。確かに「お金持ち」という印象もありますが、もちろん全ての慶應生がお金持ちというわけではありません。奨学金をもらっている学生も多くいます。

家がお金持ちだからといって、子どもがお金を自由に使えるわけではありません。バイト代でやりくりする人がほとんどです。

大学生は教科書代、交通費、サークルやゼミのイベント代など事あるごとにお金がかかります。イベントや付き合いを「お金がないから」と断る慶應生も少なくありません。また課題の本が高価な場合は、図書館を探し回ったり、先輩からもらったりなど、意外とお金に堅実な一面もあります。

慶應生にも苦労はある

pixta_22733933_S.jpg

慶應生は「慶應」というブランドに誇りをもち、得をしている人が多いと思われがちですが、慶應生にも数々の苦労があります......。

"来日"への恐怖

慶應義塾大学には6つのキャンパスがあります。

日吉キャンパス:文学部(1年生)、経済学部(1、2年生)、法学部(1、2年生)、商学部(1、2年生)、医学部(1年生)、理工学部(1、2年生)、薬学部(1年生)
三田キャンパス:文学部(2〜4年生)、経済学部(3、4年生)、法学部(3、4年生)、商学部(3、4年生)
信濃町キャンパス:医学部(2年生以上)、看護医療学部(3年生)
矢上キャンパス:理工学部(3、4年生)
芝共立キャンパス:薬学部(2〜6年生)
湘南藤沢キャンパス(SFC):総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部 →詳しくはこちら!

慶應義塾大学では、SFCを除き、入学したての1年生は「日吉キャンパス」に通い、2年生、3年生と学年が上がるにつれ、それぞれの専門キャンパスへと巣立つ仕組みとなっています。

もちろん、単位数が足りず「留年」することは誰もが避けたいと思っていますが、慶應生にとって厄介なのは「来日」です。

「来日」とは、取得しそこねてしまった単位を、他キャンパスから日吉まで履修に来ることを言います。というのも、「文学部」「経済学部」「法学部」「商学部」の4学部に関して、1、2年次は日吉キャンパス、3、4年次は三田キャンパスに移動するので、キャンパスによって設けられている授業が大きく異なります。そのため、1、2年生で取らなければならない科目の単位を取り損ねてしまうと、3、4年になってもその単位を取るためだけに日吉キャンパスに通わなければなりません。とっても面倒ですよね。

「来日」になってしまうと1、2年生と一緒に授業を受けることになります。「来日」を回避するべく、慶應生は必死で勉強するのです。

pixta_26491390_M.jpg

▲日吉キャンパス

「チャラそう」と思われる

慶應ボーイ、慶應ガールというと「お金持ちで、モテるからチャラそう」といった偏ったイメージが全員に適用されてしまいます。他大学の学生に会うと「チャラいんでしょ?」と言われることもしばしば。

慶應生の中にもキラキラ大学生の雰囲気を好まない人たちもいます。真面目に勉強したり、課外活動に励んだりしている彼らにとって、慶應生というフレームだけで「チャラい」「遊んでいる」と思われてしまうのは不本意のようです。

多様な学生がいるのが慶應です。慶應生は、スクールライフを楽しみながら自分らしさを発見していくことができます。

先ほど紹介した日吉キャンパスには「日吉メディアセンター(通称、メディア)」があり、毎日大勢の学生が利用しています。明るく開放的な館内は、個人で学習するスペースはもちろん、パソコン室や大勢でのグループワークに適したスペースもあり、とても居心地がいいようです。

本当は真面目で挑戦心の強い慶應生、おしゃれなキャンパスで慶應ライフを

keio5 (1).jpg

慶應は華やかな印象が強いですが、その一方で自分のしたいことを一生懸命貫く真面目な学生が多くいます。そのギャップを知れば、今まで慶應は「お金持ち・ボンボン」「チャラい」と思っていた人も少し慶應の印象が変わるはず。

そんな個性豊かな慶應義塾大学に少しでも興味を持ったら、ぜひ一度キャンパスに足を運んでみてください。

慶應義塾大学の通信簿(100点満点)

最期に、マグロ部編集部メンバーが独断で採点した、慶應義塾大学の通信簿を発表します。

ネームバリュー:90点
美女・イケメン度 :80点
サークル活動:70点
キャンパスの広さ:60点
就職:85点

ぜひ、大学選びの参考にしてみてくださいね!

(執筆:磯貝砂和 編集:富澤友則)

photo by

この記事が気に入ったら

思春期はマグロ食っとけ!

RECOMMEND