image1.jpg

こんにちは!今回は私、明治大学3年生の郡山(こおりやま)が、「明治大学の魅力」についてお伝えします。

難関私立大学群である「MARCH(Meiji/明治大学、Aoyama Gakuin/青山学院大学Rikkyo/立教大学、Chuo/中央大学、Hosei/法政大学)」のひとつ、明治大学。「明治大学のキャンパスはどこ?」「MARCHはどこも同じなのでは?」といった声に応えるべく、明大生のキャンパスライフを調査してみました!

10の学部をもつ明治大学は、意外にも自分がどこのキャンパスに通うのかわからずに受験をする人が多く、「通ってみたらこんな場所だった!」と驚きや発見があるようです。

banner_magro-sensei.jpg

4キャンパスから見る明治color

明治大学は、総合大学でありながら4つのキャンパスに分かれ、それぞれの校舎で専門分野を学びます。同じ明大でも、立地や校舎の様子から感じられる雰囲気はさまざまです。

① 駿河台キャンパス(東京) [法、商、政経、文、経営、情コミュ*の3.4年]
② 和泉キャンパス(東京) [法、商、政経、文、経営、情コミュ*の1.2年]
③ 生田キャンパス(神奈川) [理工、農の1~4年]
④ 中野キャンパス(東京) [国際日本、総合数理の1~4年]

*情コミュ......情報コミュニケーションの略

それでは、キャンパスごとの様子を紹介していきます。各校舎の施設や周辺の環境にも注目してみてください。

(1)オフィス街に立ち並ぶ『駿河台』

JR御茶ノ水駅から徒歩5分に位置する、とてもアクセスの良いキャンパス『駿河台』。よく「明治といえば、あのビルみたいなキャンパスでしょ?」と言われることが多いのですが、まさにその『ビルのようなキャンパス』が駿河台キャンパスです!

高層ビルのため、キャンパス自体にはあまり大学っぽさを感じないかもしれませんが、意外にもキャンパスの周辺には飲食店や古書店、楽器店があり、学生が楽しむことができる場所が豊富です。

meiji2.jpeg

(2)文系1,2年生が中心に集う『和泉』

和泉キャンパスは、京王線・井の頭線沿いにある「明大前」駅が最寄り駅となります。文系の1、2年生(法、商、政経、文、経営、情報コミュニケーション)が通い、和泉に通う学生は3、4年生になるとそのまま駿河台に通うことになります。
  
なんといってもパワフルな1、2年生が集まる和泉キャンパス。基礎科目の授業が多いため、大半の学生が毎日登校します。人数も多く、昼に集まる食堂の様子はまるで「動物園」のよう。そんな学生たちが語る自慢のひとつに食堂の「あるメニュー」があります。

meiji3.jpeg

現物が気になりますね~!メニューの内容は油淋鶏やカレー、ハンバーグ、ポテトといった学生に人気のメニューが勢ぞろい!その総カロリーは約2000cal。想像するだけでもパワーが湧いてきそうですね!

注文する学生も、見た目に伝わるインパクトに「コレが噂のパワーランチか!」と驚きを隠せません。

他にも明大名物のトリプルカレーや油淋鶏定食が有名です。ぜひ、近くに寄った際には、「オシャレな学食」とはちょっと違った「あらぶる和泉らしさ」を味わってみてください。


そしてもうひとつ、和泉に通う学生の自慢があります。それがこちら。

meiji4.jpeg

この建物、何だかわかりますか? 実は「図書館」です! まだ新しいこの図書館で、学生は空き時間を過ごしています。中には学生たちの話し合いの場や、ひと息つける場所もあり、とても魅力的な場所です。

(3)唯一の神奈川に位置する『生田』

ほかの3つのキャンパスが東京都内にあるのに対し、生田キャンパスは神奈川にあります。このキャンパスには理工学部・農学部の1〜4年生が通うことから明大生の間では「生田農工大学」と呼ばれることも......?

生田にあって、ほかのキャンパスにないもの。それは、「土地の広さ」です。
 
広大な生田キャンパスは、ほかのキャンパスとは比較にならないほどです。その広さは東京ドームおよそ3個分。初めてこのキャンパスに訪れる人は、どこに何があるのかわからないことがしばしば......。

また、その広い土地の中に「馬」がいます! 普通の大学では考えられませんよね。生田キャンパスには馬術部があり、ある校舎の付近に行くと本当に馬のにおいがするそうです。東京のザワザワした環境とは異なり、自然に恵まれた生田ならではの様子が見られます。

(4)最新校舎・『中野』

中野キャンパスは、4つのキャンパスの中でもっとも最新の校舎です。文系の国際日本学部と理系学部の総合数理学部が学びます。

学生に「中野キャンパスのイメージ」を聞いてみると、「とにかくキレイ!」とのこと。ガラス張りの校舎に写真のような開放感のある設備はやはり学生に人気があるようです。

そして、写真のセルフアクセスセンターという自習室では、英語で書かれている漫画やDVDを見ることができるようになっています。

国際系の学部があるキャンパスならではの特徴ですね。授業外の時間も楽しめそうです!

meiji5.jpeg

明治といえばスポーツ!

(1)明治の3大スポーツ―野球・ラグビー・駅伝

六大学野球で連覇が続いている野球部。シーズンになると、大学全体が熱気で包まれます。応援はもちろん、優勝した際にはパレードが催され、大変盛り上がります。

六大学とは、早稲田・慶應・明治・法政・立教・東京大学のこと

かつては学園祭でも応援団による六大学のエール交換があったようですが、今はその伝統がポスター化されているようです。

また、ラグビーや駅伝も明治には欠かせない人気スポーツのひとつ。紫紺のユニホーム、襷をかけ競技する選手の姿は明大生に活気をもたらします。

meiji6.png

応援するのに、「学校の人が活躍するところを見たい!」という気持ちはもちろんありますが、応援する側の明大生にとって嬉しいことがあります。それは、なんと成績に応じて大学内のコンビニがセールになったり、ドリンクや食べ物が割引になるのです!

(2)女子スポーツも盛ん!明大女子の鑑―女子ラクロス部

今、力を伸ばし続けている注目の女子スポーツといえばラクロス部です!

この女子ラクロス部は何が凄いのかというと......実は、部活ではありません!明治大学は部活、体同連(体育同好会連合会)、サークルという枠組みがありますが、ラクロス部は「体同連女子ラクロス部」。

スポーツ推薦なしの女子ラクロス部は大学に入ってからラクロスを始めたという学生も多いのなか、今や全日本の舞台で大活躍しています。2014年、2015年は、全日本選手権連覇!(2016年は惜しくも2位)。"日本一の結果だけでなく、日本一元気、日本一本気、日本一明るい、日本一前向きなチーム"を目指し、つねにチャレンジングな姿勢で競技に打ち込む姿は明大生に大きなパワーを与えています。

ほかにも明治大学はスポーツが盛んで、多くの選手が活躍しています。2019年のラグビーワールドカップ。そして2020年の東京オリンピックに向けても期待が高まっています!

学内外で身につける明治の国際交流

明治は学内に多くの留学生がいて、一緒に授業を受けます。もちろん、短期留学制度や長期留学制度を利用して、海外に留学をする人たちもたくさんいます。特に、今年度から和泉キャンパスにはEnglish Cafeが設けられ、留学生と交流する場が大きく広がっています。

English Cafeでは、外国人留学生と日本人学生が英語を用いて学び合いを行います。週に3日、軽食を取りながら、世界各国の文化に触れて、異文化理解力を磨きます。留学生の知り合いが増えるうえ、教室の中で学ぶ「形式的な英語」ではなく、日常的な会話のスキルが身につきます。
 
「グローバルな世界に羽ばたきたい!」そんな個を強くする環境が、明治大学にはあるのです。

明大生の人気者

明大生が愛するもののひとつに「めいじろう」がいます。最初は「何だ、このフクロウは!」と思う学生も多いようですが、学生生活を送るうちに愛着が湧いてくるようです。LINEのスタンプも登場しています!春先や学園祭の際にはキャンパス内をお散歩していることも!

meiji7.jpeg

実はミスコンがない明治大学 ―明大女子が輝くMGCとは

学園祭の時期になると、一般的な大学では「ミスコン」が開催されますよね。実は明治大学には正式なミスコンがありません。「ミスコン」ではなく、「Meiji Girls Collection(通称:MGC)」としてファッションショーのような形で催されます。
 
選ばれたファイナリスト6名の中から、もっとも輝いている女性を決めるエンターテイメント型ファッションショー、MGC。ぜひ、明治の学園祭に訪れ、見てみてください!

明大生を漢字一字で表すと「勇」―挑戦できる環境で個の力を伸ばそう

最後に、いったい明大生はどんな学生なのかをまとめます。

学部によって多少差はありますが、全体の男女比を見ると2:1。男女ともにイマどきのキラキラした大学生というよりはお互いに切磋琢磨し、「個の力」を伸ばそうと頑張る学生が多いです。

また、明治大学は全国から多くの学生が集まります。もちろん人が多いぶん、考え方も人それぞれで、勉強や部活、サークル、留学など、たくさんのことに挑戦する姿が見られます。
何かに挑戦するために、新しい環境に飛び込んでいく明大生の姿はまさに漢字一字で表すと「勇」。

そんな勇気あり、勇敢な明大生は「個の力」を伸ばすべく、日々頑張っています!

みなさんも、明治大学でチャレンジングな4年間を過ごしてみませんか?

「明治大学の通信簿」(100点満点)

マグロ部編集部メンバーが独断で採点した、明治大学の通信簿を発表します。

ネームバリュー:90点
美女・イケメン度:75点
サークル活動:75点
キャンパスの広さ:70点

ぜひ、大学選びの参考にしてみてくださいね!

(執筆:郡山琴美)

photo by

この記事が気に入ったら

仕事もプライベートも、もっと「やり抜く」ためのメディア

RECOMMEND