中高生とご家族にオススメ!

中高生とご家族にオススメ!

毎日 オピニオン面

 100周年の投稿コーナー。金ようまたは土ようは、若い人の声がいっぱい。550字にまとめる投稿は、入試の小論文対策にもなります。
 大学入試センター試験の後継テストでは、記述問題が必須です。「声」でも、10代の投稿が倍増しました。

折々のことば毎日 1面

 忙しい朝は、新聞を読む時間がない。せめて「折々のことば」だけでも。1分で、心のエネルギーになる言葉があります。
 「あんまりほんまのこと言うもんやないえ(京都の小学生)」「最後にかわした言葉が心残りだった、ということにならないように(田部井淳子)」哲学者の鷲田清一さんが読み解きます。

天声人語毎日 1面

 朝日新聞の顔です。約600文字で、ニュースから季節の話題までまとめています。小論分のお手本になります。
 大学入試への採用数も多いです。専用の書き写しノートもあります。時事問題などについて自分の考えを持つトレーニングになります。

いちからわかる!火~土ようび 2面

 時事問題は学校授業の題材にもなります。ホットなテーマを、イラストとQ&A方式でわかりやすく解説します。
 2020年度の教育改革に向け、新聞を使った授業に注目が集まっています。いまのうちから切り抜いておくと便利です。

おやじのせなか金ようび 教育面

 親の背を見て、子は育つ……。お父さんとの思い出話を、意外な有名人や旬の人たちが語ります。
 「天龍源一郎さん」「遠藤保仁さん」「松坂桃李さん」「イモトアヤコさん」……。親子には物語があります。

いま子どもたちは金~月ようび 教育面

 勉強やクラブ活動でいそがしい毎日の子供たち。現場によりそって、いまどきの子どもたちの本当の姿に迫ります。
 「13の国、机並べて」「五つの休校」「北の町でやり直す」「中華街の寺子屋で」……。ちょっと転校したような気持ちになれます。