坂本内定塾

就職活動
就職活動

Q.就職活動用に名刺を作ったほうがよいですか?

学生なのに、社会人に名刺を渡すようなことをして生意気に思われないか心配です。

坂本塾長の「気合い回答」

大切なのは、どんな気持ちで相手に渡すかです。それによって相手の印象は変わります。

今回は名刺に関するレクチャーです。OB・OG訪問やインターンシップ、店舗見学、工場見学、会社訪問、セミナーなど参加すると、社会人と名刺のやりとりをする機会が生じますので、大切な心構えをお伝えします。

■名刺とは、相手との縁を大切にする気持ちの表明手段
名刺を渡す主目的は、『お会いできて光栄です』、『あなたとの縁を大切にしたいです』、『今後もまたお話を伺いたいです』といった気持ちを相手に表明することです。要するに、名刺とは、相手との縁を大切にする気持ちの表明手段なのです。したがって、名刺を渡す際は、相手が受け取りやすい状況を見計らうこと、礼儀正しい挨拶、自己紹介をすることが重要です。生意気に思われたり、失礼な印象を与えてしまうかどうかは、あなたの気持ちと接し方次第です。

就職活動を、内定を取るためだけの活動とは考えず、多くの人との縁を頂く活動だと考えてみてはいかがでしょうか。名刺は、様々な人との縁を結びやすくするツールの一つなのです。

●最悪のNG
名刺を渡すことが主目的になっていて、相手が他の人と話をしていたり、忙しくしているにも関わらず、強引に渡そうとしたり、キチンとした挨拶や自己紹介をせずに渡そうとする人がいますが、このような渡し方だと印象が大変悪くなってしまう。ご注意ください。

■名刺のデザイン(オーソドックスなデザインがベスト)
名刺のデザイン(レイアウト)で大切なのは、氏名、大学、連絡先等が正確に相手に伝わる、見やすくわかりやすいデザイン(レイアウト)になっていることです。したがって、デザイン的に凝った名刺を渡すよりも、一般的なビジネススタイルのものが良いです。基本的には、白、もしくはオフホワイトのオーソドックスな体裁の名刺にすることです。また、可能であれば、顔写真も載せることをお勧めします。より強く相手の印象に残り、顔を忘れられてしまうリスクを大幅に減らすことができます。

名刺の作り方(場所)ですが、大学生協や印刷会社、写真屋等で行っている名刺作成サービスを利用することをお勧めします。社会人に渡すのに最適なデザイン(レイアウト)を相談することもできます。費用は100枚あたり3000円から5000円程度です。なお、パソコンを扱うのが得意で、綺麗に印刷できるプリンターをお持ちの方は、名刺作成ソフトを利用して自作してもよいでしょう。

●印象アップの工夫例 
印象を良くするための工夫例をご紹介します。

  • 名刺の表側の余白、もしくは裏面に、メッセージ(感謝や決意の言葉)を書いて渡す
  • 名刺の裏側の余白、もしくは裏面に、自己PRの文章を簡潔に書いて渡す

■電話番号・住所を知られたくない場合は、簡略化名刺
個人情報を知られることが不安な方は、氏名、大学、フリーメールのアドレスだけを記載した名刺も作っておくことをお勧めします。住所や電話番号を知られたくない相手には、この簡略化タイプの名刺を渡すようにすればよいです。

■個性を強くアピールしたい場合は、ユニークデザイン名刺
マスコミ志望者などは、発想力・創造力の高さが感じられるようなセンスの良いデザインを施した名刺、あるいは、自分の自己PR写真を印刷した名刺を作って、個性を強くアピールするのもよいでしょう。効果的な渡し方は、2回目に会った時に渡すやり方です。要するに、初対面では礼儀正しいオーソドックスな名刺を渡し、2回目にユニークデザイン名刺を渡すのです。2回も名刺を渡す人は滅多にいないので非常に強い印象付けになります。注意点ですが、ユニークデザイン名刺は、センスが悪いとマイナス評価されることがあるので気をつけてください。使う前に、第三者にチェックしてもらいましょう。

●実例紹介:テレビ局の内定者Aさん
就職活動を始める際、名刺を200枚作り、さらに、100枚入りの名刺ファイルを2冊購入しました。
1冊は、社会人から頂いた名刺用のファイル、もう1冊は学生から頂いた名刺用のファイルでした。
就職活動の終了時には、2冊ともほぼいっぱいになっていました。Aさんいわく、「就職活動を通して、社会人人脈が200人もできました。知り合った学生も、来年から様々な企業の社員になるわけですし、この人脈は私の宝物です」。

就職活動とは、自分を大きく成長させるチャンスです。視野を広げたり、考えを深めたり、人脈を増やしたりなど、自分を多面的に成長させることができます。たった半年から1年の間で、驚くほどの成果が得られますよ!

坂本直文(さかもと・なおふみ)
キャリアデザイン研究所代表。大学非常勤講師(就職指導担当)。ES本・面接本とも売上1位。(有名書店・大学生協・売上ランキング)。全国の大学等で就職講座の講師を務める(実績:東京大学・京都大学・千葉大学・岡山大学・早稲田大学・慶應義塾大学・立教大学・法政大学・日本大学など62大学)。●大学時代に就職支援ボランティアをしたことがきっかけで、将来、就職コンサルタントになることを志し、証券、広告、新聞、教育業界で勤務後、独立。●著書68冊。『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版』・『内定者はこう話した! 面接・自己PR・志望動機 完全版』(高橋書店)、『何をPRしたらいいかわからない人の受かる!自己PR作成術』(日本実業出版社)など。●ツイッターで毎日指導(@SakamotoNaofumi)。
関連記事

PAGE TOP