坂本内定塾

就職活動
就職活動

Q.面接合格力を短期間で飛躍的に伸ばす方法を教えてください。

今回は、誰でも簡単にできる面接スピード上達法をレクチャーします。

坂本塾長の「気合い回答」

志望企業の社員に一言聞く勇気さえあれば、面接合格力は飛躍的に伸びる!

■一言聞くだけで、面接での判断力が培われる   
就職活動の初期段階では、面接において不安や苦手意識がある受験者は非常に多いようです。そこで今回は、私の主宰する就職塾で効果が高かった面接スピード上達法のうち、一言聞くだけで上達する方法を3つご紹介します。採用担当者や内定者(内定を受けた学生)などに、一言聞くだけで、面接ではどんなことを話せばよいかの判断力が培われます。また、社員と話をすることにも慣れるので、面接における過度な緊張感を解消することにも役立ちます。小さな努力で大きな成果が得られますので、ぜひ実行してみてください。 

●面接スピード上達法 

  1. 合否連絡を受けた時に理由を聞く 
  2. 面接で受けた質問を他の内定者に質問し、自分の返答と比較する
  3. OB訪問や会社説明会、店舗見学で、社員に履歴書やESの感想を聞く

■1.合格連絡の電話を受けた時に合格理由を聞く 
採用担当者から電話で面接合格の連絡が来ても、一般的には次回の面接日に関する話しかしていないものです。ここで勇気を出して、自分がなぜ受かったのか、どこを認めて下さったのか(合格理由)を聞いてみましょう。礼儀正しく、そして誠意を持って聞けば、何らかのコメントをしてくれることが多いです。このコメントは次回の面接を受ける際に非常に大きな参考になりますよ。ダメモトで聞いてみましょう! (不合格の連絡を受けた時にも、ダメモトで理由を聞いてみることをお勧めします。稀ではありますが教えて下さる場合もあります)

■2.面接で受けた質問を他の内定者に質問し、自分の返答と比較する
自分が面接で受けた質問を他の内定者に質問し、自分の返答と比較してみましょう。できれば複数の内定者に聞いてみることをお勧めします。自分の返答を客観的に評価できて、改善点が判断できるようになります。 

■3.OB訪問や会社訪問、店舗見学で社員に履歴書の感想を聞く 
OB訪問や会社説明会、店舗見学には、履歴書やエントリーシートを必ず持参して社員に見せ、(御社で通用するか)感想を聞きましょう。それによって、採用担当者がどの点に着目していて、どのような質問を考えているか、またそれに対してどう改善すべきかがわかるようになります。 

坂本直文(さかもと・なおふみ)
キャリアデザイン研究所代表。大学非常勤講師(就職指導担当)。ES本・面接本とも売上1位。(有名書店・大学生協・売上ランキング)。全国の大学等で就職講座の講師を務める(実績:東京大学・京都大学・千葉大学・岡山大学・早稲田大学・慶應義塾大学・立教大学・法政大学・日本大学など62大学)。●大学時代に就職支援ボランティアをしたことがきっかけで、将来、就職コンサルタントになることを志し、証券、広告、新聞、教育業界で勤務後、独立。●著書68冊。『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版』・『内定者はこう話した! 面接・自己PR・志望動機 完全版』(高橋書店)、『何をPRしたらいいかわからない人の受かる!自己PR作成術』(日本実業出版社)など。●ツイッターで毎日指導(@SakamotoNaofumi)。
関連記事

ご購読申し込み

PR版請求

試し読み申し込み

学割申し込み

新聞プレゼント

朝日新聞デジタル

お引越しされる方

学情ナビ

就活ナビ

朝日新聞採用

仕事力

PAGE TOP