坂本内定塾

就職活動
就職活動

Q.集団面接で受かるために大切なことを教えてください

今回は集団面接で高評価を得るためのアドバイスです。トップクラスの内定者が実行していることを紹介します。

坂本塾長の「気合い回答」

集団面接は、①他者の発言を聞いている時の態度、②発言時間、③積極性、が重要チェックポイント

<集団面接での注意点>
集団面接ならではの重要チェックポイントは以下の3点です。特に①は要注意です。多くの受験者が評価を落としているので、気をつけてください。

① 他者の発言を聞いている時の態度も評価
うなずき、微笑みが大切 

集団面接では他者の発言内容をよく聞きましょう。面接官は、他者の発言を聞いている時の態度も評価します。高評価を得るには、他人の発言を聞いている時、節目節目でうなずいたり、良い内容の部分で微笑んだりすることです。面接官の中には、ちゃんと聞いているかを確認するために、「○○さんの今の発言についてどう思いますか?」と意見を求める人もいます。聞いていないと、協調性やチームワーク力に欠けると見なされて評価は大きく下がります

② 発言のまとめ方、発言時間の使い方も評価 
要領よくまとめて話すことが大切 (ダラダラ長く話さない)

集団面接では、面接官は、あなたの発言のまとめ方、発言時間の使い方も評価します。ダラダラと長く話してしまうと評価は下がります。集団面接は、自分ひとりで受けているのではないので、他者のことを配慮して、発言は、要領よくまとめて、短時間で話すようにしましょう。15秒~30秒くらいが好印象です。どんなに長くても、45秒くらいに留めましょう。1分を超えると協調性・チームワーク力の欠如、かつ話下手と見なされて評価は大きく下がります。たとえ他者が長々と発言していても、それに引きずられずに要領よく話すことを心掛けましょう。

③ 発言の積極性も評価
挙手制の場合は1番目に発言することが大切

集団面接の中では、積極性のチェックのために発言を挙手制にすることがあります。この場合は、真っ先に手を挙げて、1番目に発言することが高評価を得る秘訣です。それに、2番目以降の発言だと、積極性に欠けると思われることに加え、前の人が自分の言おうと思っていることと同じ内容を言ってしまう場合があり、発言のインパクトが薄れてしまうリスクがあります。
なお、何度も連続して1番目に発言すると、協調性・チームワーク力に欠けると思われる可能性があります。よって、挙手がかち合った場合は、時には「お先にどうぞ」と笑顔で言って相手に譲ることも重要です。

坂本直文(さかもと・なおふみ)
キャリアデザイン研究所代表。大学非常勤講師(就職指導担当)。ES本・面接本とも売上1位。(有名書店・大学生協・売上ランキング)。全国の大学等で就職講座の講師を務める(実績:東京大学・京都大学・千葉大学・岡山大学・早稲田大学・慶應義塾大学・立教大学・法政大学・日本大学など62大学)。●大学時代に就職支援ボランティアをしたことがきっかけで、将来、就職コンサルタントになることを志し、証券、広告、新聞、教育業界で勤務後、独立。●著書68冊。『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版』・『内定者はこう話した! 面接・自己PR・志望動機 完全版』(高橋書店)、『何をPRしたらいいかわからない人の受かる!自己PR作成術』(日本実業出版社)など。●ツイッターで毎日指導(@SakamotoNaofumi)。
関連記事

ご購読申し込み

PR版請求

試し読み申し込み

学割申し込み

新聞プレゼント

朝日新聞デジタル

お引越しされる方

学情ナビ

就活ナビ

朝日新聞採用

仕事力

PAGE TOP