坂本内定塾

就職活動
就職活動

夏休み前の緊急アドバイス「4年生、夏からの大逆転内定!」

就活生からの質問

『4年生(4回生)ですが、夏になってもまだ内定が取れていません。この先不安でたまりません』

私のもとには、6月下旬位から、こういった相談メールが多数来ます。今回は特別編として、これから優良企業に受かる方法についてお伝えします。

坂本塾長の気合回答

4年生の夏以降でも、粘り強く続ければ、優良企業の内定が取れる!

企業の採用はまだ20万人分以上ある!

就活生の4割弱(約20万人)は4年生の10月以降に内定を取っています。そして、就活生の約1割は4年生の2月~3月に内定を取っています。 これは要するに、企業の求人募集は10月以降も20万人分以上も出てきて、卒業直前まであるということです。学生が思っている以上に企業の採用枠は残っています。悩む必要はありません。粘り強く努力していれば素晴らしい内定が取れます。

●内定率の推移(10月、12月、2月、3月) 
※厚生労働省2014年3月卒の大学生のデータ

・大学4年生の10月1日の内定率:60%
  →10月でも、約4割の学生は就職活動を行っている
・大学4年生の12月1日の内定率:72%
  →12月でも、約3割の学生は就職活動を行っている
・大学4年生の2月1日の内定率:81%
  →2月でも、約2割の学生は就職活動を行っている
・大学4年生の3月31日の内定率:94%
  →卒業直前の2月、3月でも、努力している学生は内定を取っている

採用試験のビッグウェイブは、夏以降も”何度も”来る!

企業の多くは、採用試験を何度も行っています。4年生の7月以降の試験で主なものは、夏期採用試験、秋期用試験、冬期採用試験、2月~3月に追加募集です。これらのどれかで受かれば採用されます。優良企業も何度も採用試験を行っていますので、エントリーチャンスを逃さないようにしましょう。以下概要を説明します。

夏期採用(7月~8月)、秋期採用の試験(9月~10月) 

→近年、大企業でも夏や秋に試験を行うことが増えています。春期採用試験よりも募集人数は少ないですが応募人数も少ないので狙い目です。ほとんどの企業は、春期採用試験に落ちた人にも再受験を許可しています。採用情報は、企業サイトの採用情報ページ、就職情報サイト、大学のキャリアセンターの掲示板をまめにチェックすると発見できます。

冬期採用試験(11月~2月)

→この時期でも採用試験を行っている企業はあります。優良企業も多いです。諦めずに、大学のキャリアセンターの掲示板、企業サイトの採用情報ページ、就職情報サイトをまめにチェックすると発見できます。

追加募集(2月~3月)

内定辞退者数が想定より多かった企業、採用定員に満たない企業、2月~3月に追加募集を実施することがあります。粘り強く努力を続けると、そういった企業の内定が取れます。募集情報はキャリアセンター、企業サイトの採用情報ページ、就職情報サイトにあります。志望企業に問い合わせてもよいでしょう。
坂本直文(さかもと・なおふみ)
キャリアデザイン研究所代表。大学非常勤講師(就職指導担当)。ES本・面接本とも売上1位。(有名書店・大学生協・売上ランキング)。全国の大学等で就職講座の講師を務める(実績:東京大学・京都大学・千葉大学・岡山大学・早稲田大学・慶應義塾大学・立教大学・法政大学・日本大学など62大学)。●大学時代に就職支援ボランティアをしたことがきっかけで、将来、就職コンサルタントになることを志し、証券、広告、新聞、教育業界で勤務後、独立。●著書68冊。『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版』・『内定者はこう話した! 面接・自己PR・志望動機 完全版』(高橋書店)、『何をPRしたらいいかわからない人の受かる!自己PR作成術』(日本実業出版社)など。●ツイッターで毎日指導(@SakamotoNaofumi)。
関連記事

ご購読申し込み

PR版請求

試し読み申し込み

学割申し込み

新聞プレゼント

朝日新聞デジタル

お引越しされる方

学情ナビ

就活ナビ

朝日新聞採用

仕事力

PAGE TOP