坂本内定塾

就職活動
就職活動

緊急アドバイス「私服参加の面接で高評価を得る方法」

就活生からの質問

『次回の面接は私服でお越し下さいと指示されました。この場合、どんな私服が望ましいでしょうか?』

今回は、面接試験に私服で来るように指示された場合の対策についてアドバイスします。アパレル業界、宝飾品業界、化粧品業界の企業でよくありますが、それ以外の業界の企業でも見受けられます。

坂本塾長の気合回答

「清潔感と真面目さが感じられる服装が高評価」

私服着用を指示する意図

私服着用指示の意図は2つあります。1つは、服装選びのセンスのチェック。もう1つは、性格、個性、行動特性、嗜好のチェック(推測)です。リクルートスーツは、どの学生も似たような色、デザインです。よって、上記のチェックポイントはわかりにくいです。

注意点ですが、せっかく服は良くても、靴が汚れていたら評価は大幅に下がってしまいます。気を付けましょう。

●清潔感と真面目さが感じられる服装ならば、高評価が得られる

面接官は、ファッションショーのモデルのような服装センスを求めてはいません。高級なブランド服の着用を期待してはいません。最も重視しているのは、清潔感と真面目さが感じられる服装かどうかです。

●体育会に所属している人は

所属チームのエンブレムがついた服(ブレザー等)を着用して、スポーツに力を入れていることをアピールしてもよいでしょう。

●志望企業の商品を身につけていくべきか

アパレル、宝飾品の企業を受ける際、志望企業の商品を身につけていくべきかについてアドバイスします。面接官が最も重視するのは清潔感と真面目さです。志望企業の商品を身につけていくことを期待されてはいません。減点されることもありません。実際、内定者の大半は、身につけていなくても内定をもらっています。面接官が見たいのは普段のあなたです。志望企業の商品で全身を固めたからと言って、高評価が得られるわけではありません。ただし、普段から志望企業の商品を使っている場合は、センスよく(面接の場に不自然ではなく)着用できるならばお勧めです。

●服装が心配な方へ

どんな服がよいか心配な方にお勧めの対策をご紹介します。それは、私服を着用した写真を数パターン撮影しておいて、OB・OG訪問など、志望企業(または志望業界)の社員に会った際に見せ、私服着用の面接では、どれが良いか。どう改善したら良いかなどのアドバイスを頂くことです。社会人のアドバイスは大変参考になります。

坂本直文(さかもと・なおふみ)
キャリアデザイン研究所代表。大学非常勤講師(就職指導担当)。ES本・面接本とも売上1位。(有名書店・大学生協・売上ランキング)。全国の大学等で就職講座の講師を務める(実績:東京大学・京都大学・千葉大学・岡山大学・早稲田大学・慶應義塾大学・立教大学・法政大学・日本大学など62大学)。●大学時代に就職支援ボランティアをしたことがきっかけで、将来、就職コンサルタントになることを志し、証券、広告、新聞、教育業界で勤務後、独立。●著書68冊。『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版』・『内定者はこう話した! 面接・自己PR・志望動機 完全版』(高橋書店)、『何をPRしたらいいかわからない人の受かる!自己PR作成術』(日本実業出版社)など。●ツイッターで毎日指導(@SakamotoNaofumi)。
関連記事

ご購読申し込み

PR版請求

試し読み申し込み

学割申し込み

新聞プレゼント

朝日新聞デジタル

お引越しされる方

学情ナビ

就活ナビ

朝日新聞採用

仕事力

PAGE TOP