就職活動
就職活動

銀行業界の頻出質問

皆さん こんにちは
就職コンサルタントの坂本直文です。

今回は銀行業界の面接試験対策です。1次面接から最終面接までの頻出質問を紹介します。一通り目を通して本番の面接の準備をしてください。面接返答術1~23で個々の質問返答術を紹介しましたが、それらを活用して答えれば高評価が得られます

銀行業界の面接頻出質問

各銀行の内定者に聞き取り調査をして、実際に出た質問を集計しました。

●1次面接、2次面接での頻出質問例

  1. 大学時代頑張ったことについて、どんな意図で行い、何を学んだか教えてください。
  2. どのようにして当行のことを詳しく知りましたか?
  3. なぜ金融志望ですか? なぜ銀行ですか? なぜ当行ですか?
  4. 両親は、あなたが銀行に就職することに理解がありますか?
  5. 身の回りで銀行の人はいますか? どんなアドバイスをされましたか?
  6. 飲食の接客と銀行の接客の違いは何だと思いますか?
  7. 集団の中でもあなたの役割について聞かせてください。
  8. 人と意見が対立したらどうしてきましたか?
  9. 今までにプレッシャーを感じた出来事と、どう克服したかを教えてください。

●3次面接以降~最終面接での頻出質問例

  1. 当行は第一志望ですか? なぜ他の銀行ではなく、当行なのですか?
  2. 証券と銀行の違いについて説明してください。
  3. 小学校から現在までの自分について、簡潔に語ってください。
  4. 他社の選考状況について教えてください。
  5. 当行から内定でたら他の企業はどうしますか? すぐに辞退する覚悟はありますか?
  6. もし当行を落ちたら、どの企業を受けますか?
  7. 仕事には、ノルマ的なものがあって大変なこともありますが、大丈夫ですか?
  8. 当行に対して、何か質問をしてください?  ……さらに、もう1つ質問してください。

効果的な面接準備:新聞を使うと圧倒的な差がつく!

ライバルに圧倒的な差をつけられる、お勧めの面接準備方法は、志望業界の新聞記事を収集し読んでおくことです。朝日新聞デジタルの過去記事検索機能を使うと一瞬で収集できて大変便利です。過去記事は1年分チェックすれば大丈夫です。
銀行業界の場合は、以下の記事を読んでおくと面接試験で高評価が得られる意見を言えるようになります。探して読んでおきましょう。(全て探せなくても構いません。これらの一部だけでも大きな差別化ができます)。

●銀行業界の重要新聞記事
経営面の記事
金利や為替など金融情勢の記事
各行の比較の記事
頭取のインタビュー記事
志望企業の行員の記事
新商品・新サービスの記事
新店舗の記事
新たな販売ルートや方法の記事
銀行業界の課題や問題点の記事
支店や店舗の記事
ネットでのサービスや事業の記事
広告・宣伝・ブランド戦略の記事
海外戦略や海外展開の記事
異業種との提携や競争の記事
採用動向の記事

※志望企業の記事だけではなく、ライバル企業の記事も読んで比較研究すると理解が深まります。

三菱東京UFJ銀行、その他2社に受かったAさんからのアドバイス

私の場合、内定獲得に一番役立ったのはOB訪問でした。ただし、最初からうまくできたわけではありません。初めてのOB訪問は大失敗でした。何も調べずに臨んだところ、初歩的な質問ばかりを連発してしまい、『OBと会うからには、当社の事業内容や近況を調べてくることくらい最低のマナーです。君は本気で当行を志望しているようには感じられない。人の3倍努力するくらいの姿勢でないと、どこの採用試験にも受かりませんよ』と怒られてしまいました。大いに反省して、①志望企業のWEBサイトの内容は、IR情報も含め、一通り読み、重要な内容はプリントしてスクラップすること。②新聞の過去記事検索をして、重要そうな記事は熟読し、プリントしてスクラップすること。これら2つを実行して、再度、お会いさせて頂いたところ、『質問内容がずいぶん進歩したね。努力したことが感じられるよ』と褒められ、ESを添削してくださったり、志望の部署の行員を紹介してくださったりするようになりました。その後は、どの企業のOB訪問をする際も、OB訪問=一次面接だと思って、しっかり準備して臨むようにしました。

坂本直文(さかもと・なおふみ)
キャリアデザイン研究所代表。大学非常勤講師(就職指導担当)。ES本・面接本とも売上1位。(有名書店・大学生協・売上ランキング)。全国の大学等で就職講座の講師を務める(実績:東京大学・京都大学・千葉大学・岡山大学・早稲田大学・慶應義塾大学・立教大学・法政大学・日本大学など62大学)。●大学時代に就職支援ボランティアをしたことがきっかけで、将来、就職コンサルタントになることを志し、証券、広告、新聞、教育業界で勤務後、独立。●著書68冊。『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版』・『内定者はこう話した! 面接・自己PR・志望動機 完全版』(高橋書店)、『何をPRしたらいいかわからない人の受かる!自己PR作成術』(日本実業出版社)など。●ツイッターで毎日指導(@SakamotoNaofumi)。
関連記事

PAGE TOP