就職活動
就職活動

損害保険業界の頻出質問

皆さん こんにちは 
就職コンサルタントの坂本直文です。

今回は損害保険業界(損保業界)の面接試験対策です。1次面接から最終面接までの頻出質問を紹介します。一通り目を通して本番の面接の準備をしてください。面接返答術1~23で個々の質問返答術を紹介しましたが、それらを活用して答えれば高評価が得られます

損害保険業界の面接頻出質問

東京海上日動火災、三井住友海上火災、損保ジャパンなどの内定者に聞き取り調査をして、実際に出た質問を集大成しました。

●1次面接、2次面接でよくある頻出質問 

  1. 小、中、高、大と、あなたはどんな人間で、どんな考え方をして生きてきましたか?
  2. どんな時にストレスを感じますか。それはなぜですか。どうやって乗り越えますか?
  3. 苦手なタイプはどんな人?
    それは何故? どうやって対応しましたか?
    それでその人が変わったことはありましたか??
  4. あなたにとっての親友の定義を述べてください
    親友は自分のどこに魅力を感じていると思いますか
    あなたが親友に負けていることは何ですか?
  5. 両親はあなたのことをどんな人だと言うと思いますか。その理由は?
    あなたと両親との性格上の共通点は?
  6. 自分を表す言葉5つ挙げてください?
  7. 生保と損保の違いについて説明してください
  8. 面接官に質問をしてください。
    では、なぜその質問をしたいと思ったのですか?

●3次面接以降~最終面接でよくある頻出質問

  1. 保険の中でも、なぜ当社を志望するのですか?
    入社したらどんな仕事をやってみたいですか?
  2. 自分の短所を短い言葉でたくさん挙げてください
  3. 好きな教科は何ですか?
    なぜ好きですか?
    この科目が嫌いな人をどうやって好きにさせますか?
  4. 自分が意見をまとめる役なのにまったく意見がばらばらな時どうしますか?
  5. 印象に残っている社員の氏名を教えてください
    その人の印象は?
    何が分かりましたか?
  6. 就職活動を自己採点するとしたら何点ですか?
    その理由は?
  7. 他の受けている会社とその状況を教えてください
  8. 当社に内定をするとしたら、他社を今日中に辞退することはできますか?

効果的な面接準備:新聞を使うと圧倒的な差がつく!

ライバルに圧倒的な差をつけられる、お勧めの面接準備方法は、志望業界の新聞記事を収集し読んでおくことです。毎朝、新聞の記事をチェックしてスクラップする習慣をつけるとよいです。なお、朝日新聞デジタルの過去記事検索機能を使うと一瞬で収集できて大変便利です。過去記事は1年分チェックすれば大丈夫です。
損害保険業界の場合は、以下の記事を読んでおくと面接試験で高評価が得られる意見を言えるようになります。探して読んでおきましょう。(全て探せなくても構いません。これらの一部だけでも大きな差別化ができます)。

●損保業界の重要新聞記事
経営面の記事
採用動向の記事
各社の比較の記事社長のインタビュー記事
生命保険会社との比較の記事
損保による生命保険業務の記事
保険料や保険料率、顧客満足の記事
志望企業の社員が出た記事
新商品の記事
新サービスの記事
新店舗の記事
新たな販売ルートや方法の記事
課題や問題点の記事
地方の支店や店舗でのサービスの記事
ネットでの販売についての記事
広告・宣伝・ブランド戦略の記事
海外戦略や海外展開の記事
異業種との提携や競争の記事

※志望企業の記事だけではなく、ライバル企業の記事も読んで比較研究すると理解が深まります。

東京海上日動火災に受かったCさんからのアドバイス  

損害保険業界の企業の面接試験の特徴は、人生を深く掘り下げた質問があることです。したがって、事前の準備として、小学生、中学生、高校生時代の自分についてしっかり自己分析しておくことがとても重要です。私は当時の好きだった勉強や習い事、自分の人生に影響を与えた経験、集団の中での役割、友人との関係、親友からの影響、親のしつけなどをノートに書き出して整理しましたが、これが大変役立ちました。
また、同業他社との違いや生命保険会社との違いも聞かれます。WEBサイトで業務内容や商品、業績の比較をしたり、各社の新聞記事を比較しておくときちんと答えられるようになります。

坂本直文(さかもと・なおふみ)
キャリアデザイン研究所代表。大学非常勤講師(就職指導担当)。ES本・面接本とも売上1位。(有名書店・大学生協・売上ランキング)。全国の大学等で就職講座の講師を務める(実績:東京大学・京都大学・千葉大学・岡山大学・早稲田大学・慶應義塾大学・立教大学・法政大学・日本大学など62大学)。●大学時代に就職支援ボランティアをしたことがきっかけで、将来、就職コンサルタントになることを志し、証券、広告、新聞、教育業界で勤務後、独立。●著書68冊。『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版』・『内定者はこう話した! 面接・自己PR・志望動機 完全版』(高橋書店)、『何をPRしたらいいかわからない人の受かる!自己PR作成術』(日本実業出版社)など。●ツイッターで毎日指導(@SakamotoNaofumi)。
関連記事

PAGE TOP