仕事力~働くを考えるコラム

就職活動

「独自を求め、我が声を聞こう」
皆川 明が語る仕事―2

就職活動

個の創造性を信じて

他者と同じ、から離れる

高校卒業後、ヨーロッパ一人旅に出た時、偶然の出会いから服作りに関心を抱いた私は、数カ月後に帰国し、文化服装学院の夜間部に入学しました。昼間は縫製工場でアルバイトをしながら、同じデザイナーという志を持つ仲間と一緒に学ぶことは楽しかったのですが、私はパターンを引くのも裁断をするのも苦手で遅かった。そんなある時、洋服のパターンを作る授業で、先生から「あなたのパターンは、こんなに基本からずれていて間違っている」と言われたことがありました。

デザインの独自性は、その言葉通り他者と違うわけですから、他者と同じことを学んでそれを良しと理解してしまった時に、「自分がどうしてもやらずにはいられない癖」を置き去りにしてしまうのではないか。みんなが今「良い」という価値をただ受け入れても、未来には変わっているかも知れないですよね。明確にではありませんでしたが、学生時代から「自分が良いと感じること」、つまり個体の創造性の意味を信じていたのだと思います。

縫製工場の後、お客様一人ひとりに洋服を合わせていくオーダーメイドのアトリエで仕事をしていましたが、それぞれに皆、体の形が全く違うのに、肩線はこうと一つの統計論からくる線を正解とするだけでは、無理がある。それは実際とは違うと体感しました。

その後、24歳から26歳までアパレル会社で働きましたが、そこでは素材から服を作っていたのです。小さなメーカーでしたが、工場に行かせてもらって布を作る現場を知りました。生地の問屋さんから既製の布を買うのではなく、自分でオリジナルのファブリック(布地)を作る。それこそが「服を作る」ということなのだと思えました。こうして自分がやりたいこととできることを確かめながら、歩き始めたのです。

魚市場で学んだ仕事の理念

生地からオリジナルで作り、服をデザインする。そう方向を決めて、私は東京・八王子で小さなアトリエを持ちました。しかし経済的には簡単に軌道には乗らず、私は魚市場でバイトを始めます。早朝から正午までで、午後は服作りに専念できる好条件。3年間働き、とても多くの仕事の糧を得ました。当社の理念を全て書き出したら、市場から学んだことばかりではないかなと思います。

まず材料の見極めができることが、その後の仕事の丁寧さや技術の高さに比例していきます。いいマグロを選ぶ人は、それをさばく包丁さばきも素晴らしく、見極めが適当な人は包丁選びも適当なのです。自分の仕事と材料を見る目はイコールだと思いました。

また、刃物や重たいもので作業しながら、その場でどんどん判断して動いている危険な場所でもあります。近くに危なっかしい人間がいたら予見して「馬鹿野郎! そんなことしてたら手切るぞ」と怒鳴って、瞬間に気づかせてそれっきり。理由が分かっているからお互いに根に持つこともなく、さっぱりとクリアでとてもいいんですね。

親方は、私が辞める日に「叱られ役をよくやってくれた」とねぎらってくれました。どうも後輩の失敗を、私を叱ることで間接的に気づかせていたようです。そんな関係性もあるのかと、この親方からは多くを学びました。(談)

みながわ・あきら ●デザイナー、(株)ミナ代表。1967年東京都生まれ、文化服装学院卒業。95年服飾ブランド「ミナ」設立、2000年直営店オープン。03年ブランド名を「ミナ ペルホネン」と改名。06年毎日ファッション大賞の大賞受賞。オリジナル生地から創作する服やインテリアプロダクトは高い評価を得ている。また、デンマークのクヴァドラ社など海外テキスタイルメーカーにもデザインを提供。著書に『ミナを着て旅に出よう』など。
関連記事

ご購読申し込み

PR版請求

試し読み申し込み

学割申し込み

新聞プレゼント

朝日新聞デジタル

お引越しされる方

学情ナビ

就活ナビ

朝日新聞採用

仕事力

PAGE TOP