あの人とこんな話

就職活動

(株)CyberZ 代表取締役社長/(株)サイバーエージェント 取締役
山内 隆裕さん

就職活動

どんな時もフルスイング。挑戦しないと進化はない

大手IT企業の子会社で、スマートフォン向けの広告事業を展開するベンチャー企業。その社長の山内さんは「スマホ市場は変化が速いだけに顧客ニーズ をどこよりも先んじてキャッチし、顕在化して、最速で商品とサービスを提供していく」というスタンスで同社を急成長させてきた。

新卒で入社し、3年間で子会社3社の設立に携わり今のポジションに。29歳の時には最年少で本社の取締役に抜擢(ばってき)された。その成功要因は「最終的には『気合』です」と笑う。

「同期入社が101人。その内定懇親会では、学生時代に既にコピーライター賞を取ったとか、バイリンガルだとか、優秀に思える人ばかりで圧倒さ れた。では自分は何で勝てるか。やる気しかない。たとえ失敗してもいいから何でもチャレンジしていこうと決め、実践したのが良かった」

だが現在の会社を設立後2年間は厳しかった。ガラケー全盛で業績が伸びず、資本金も尽きて倒産しかけたという。

責任ある仕事を任せてくれた上司と、信頼してくれる社員に申し訳なくて自己嫌悪の日々。考え抜いた末、いつしか守りに入っていた自分に気づき、こ こは一つ初心に帰りベンチャーらしく勝負してみようと気持ちを切り替えた。事業内容を百八十度転換し、黎明(れいめい)期のスマホに特化。その大胆さが吉 と出て一気に業績は伸び、危機を逃れた。

「母子家庭で育ち、僕の場合は心に居場所のない感覚、虚無感があるんです。でもそれが自分の原動力になっていると思う。以前『才能は天性や運で与 えられるものではなく、欠如を埋めるための努力が才能なんだ』と話してくれた人がいたのですが、僕はその欠如=虚無感を埋めたいから頑張れる」

将来どうありたいかという答えは正直まだ模索中だ。ただ、脱皮しない蛇は死ぬという例えがあるように、挑戦しないと進化はないと思う。だから何が あってもフルスイングで挑戦し続ける。そこを外さなければおのずと良い方向へ向かうと、31歳の辣腕(らつわん)は確信している。

(2月2日掲載、文:井上理江・写真:南條良明)

やまうち・たかひろ ●1983年東京都生まれ。立教大学経済学部卒業後、2006年(株)サイバーエージェントに入社。08年5月モバイルサイト制作会社(株)CyberX取締役に就任。翌年、モバイルマーケティング会社(株)CyberZの設立と同時に社長就任。12年7月には米国現地法人CyberZ USAを設立し、海外事業にも尽力。同年10月サイバーエージェントの取締役に最年少で選ばれ、同社のスマートフォン関連事業を担っている。
関連記事

ご購読申し込み

PR版請求

試し読み申し込み

学割申し込み

新聞プレゼント

朝日新聞デジタル

お引越しされる方

学情ナビ

就活ナビ

朝日新聞採用

仕事力

PAGE TOP