あの人とこんな話

就職活動

(有)ラーナー 代表取締役
橋本 羅名さん

就職活動

力を尽くしていけば新たな展開を起こせる

「これまで日本でいいお手本をたくさん見つけました。お金をもうける方法だけでなく、思いやりや感謝など人として大切なことを多く教わり、育ててもらいました」

東京の堀切菖蒲園駅前で焼き肉店を経営する羅名さん。27年前、23歳で来日した。祖国バングラデシュは内戦で疲弊しており、学校の先生が見せてく れた雑誌に日本の写真を見つけ、希望を見いだしたのだ。最新設備の工場、猫の手も借りたいほどの好景気。羅名さんにとって奮闘努力の始まりとなった。

「昼間はゴム工場で働き、夜は居酒屋で皿洗い。土日と工場が休みの日は洋服店で接客です」。働きながら日本語を学び、生活習慣を身につけ、実家への仕送りも怠らなかった。

8年後、結婚を考えて焼き肉店へ転職。「好物の焼き肉を、人にもおなかいっぱい食べてもらえる店を持ちたかった。人の倍働いて覚えようと考え、山積みの焼き網を洗ったり、人の嫌がる仕事をこなしました」

こうして、見込まれて店舗を任されるまでになり、経営術も身につけた。3年後、念願の独立。でも資金が足りない。そこで羅名さんは、何と事業計画書 を手に駅前で道行く人に融資の保証人をお願いするのである。そしてそれに応える人も現れた。自分も海外生活をした時に助けられ、とても感謝しているから と。

開店3カ月後には日本中を揺るがせるBSE騒動も勃発したが、そういった困難に屈せず、乗り越えてきた羅名さん。今では日本バングラデシュ協会を設立し、母国に給食付きの学校を建設する運動を展開するなど、新たな力を発揮している。

「バングラデシュの初等教育は5年間ですが、貧困で約半数が卒業できていません。かつて町長だった父は、文化や宗教など人の考え方の違いを理解しながら生きる人でした。話し合って計画し、時間をかけて実行する。諦めずに力を尽くしていけば、きっといい方向に向かいます」

教育は原点。日本で教わったことを祖国に伝え、バングラデシュを幸せにしたい。羅名さんはまた、たくさんの汗をかく。

(5月11日掲載、文:原納暢子・写真:南條良明)

はしもと・らな ●1964年バングラデシュ生まれ。炭火焼き肉・ホルモンの店「牛将」、もつ焼き居酒屋「とん将」など4店舗のオーナーシェフ。大学卒業後、88年に来日。11人きょうだいの3番目で、長男。現在、母国でも魚養殖や輸出用衣料の検品会社の経営、留学生支援などを展開。バングラデシュで買い続けてきた学校建設用地は約600坪になり、ようやく設計段階に入った。妻は日本人、4児の父。日本に骨を埋めるつもり。
関連記事

PAGE TOP